鎌倉遺文研究  第6号(2000.10)

鎌倉遺文研究会【編】

起請宣旨、勘宣旨、新制の関係、相違点の論証。『鎌倉遺文』所収文書中より、藤原氏長者宣関係文書を抽出し、その中の「御奉書所候也」という書止め文言を有する文書に注目し、その性格、機能について明らかにした論考。『鎌倉遺文』の出典に焦点を当て、『鎌倉遺文』の出典と『早稲田大学所蔵荻野研究室収集文書』上・下巻の出典の違いを指摘し、それを対照表にして示し、出典についての諸問題点について論及した論考などを収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 起請宣旨・勘宣旨小考
  • 別形態の藤氏長者宣-「御奉行所候也」という文書について
  • 『鎌倉遺文』所収の早稲田大学所蔵文書について-出典の諸問題
  • 『鎌倉遺文』所収「東寺文書白河本」の校訂(6)
  • 『鎌倉遺文』未収録「東寺百合文書」(6)
  • 『鎌倉遺文』未収録「東寺百合文書」編年目録(6)
  • 『鎌倉遺文』未収録九州地方編年文書目録(6)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鎌倉遺文研究
著作者等 鎌倉遺文研究会
書名ヨミ カマクライブンケンキュウ : 6(200010)
巻冊次 第6号(2000.10)
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2000.10.10
ページ数 96p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4642089861
ISSN 13450921
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想