食糧法システムと農協

日本農業研究所【編】

昭和17年に制定された食糧管理法が廃止され、新たな装いの下に新食糧法が全面的に発足するのは平成8米穀年度のことである。最近ではようやく新がとれて一般に食糧法と呼び慣わすようになった。では、この5年間に米の価格・流通の実態はどう変わり、この制度が意図した系統農協主体の柔軟かつ弾力的な米価格・流通システムは、はたしてどこまで達成されたであろうか。日本農業研究所では以上のような問題意識の下に、平成7年「新食糧法下における農協のあり方研究会」を組織し、外部の専門的研究者の参加による共同研究を進めてきた。食糧法に基づく米価格・流通政策の変化を、末端での農協による米生産・流通管理の実態と突きあわせることを通じて、その政策的意義・限界を明らかにすることを企図したのである。本書は同研究会における共同研究をふまえて、研究会メンバーが独自の視点から食糧法システムの体系的分析を試みたものである。その点で、本書は同研究会の直接の成果であるとともに、それを超える学術研究書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「農協食管」としての食糧法システム
  • 第1章 外国産米の流通・消費と関税化
  • 第2章 生産調整の転換と農協-そのねらいと現実
  • 第3章 自主流通米取引システムの改革と今後-指標価格の形成から「取引の場」へ
  • 第4章 備蓄・調整保管制度の展開と再編-過剰米処理をめぐる政府と農協
  • 第5章 米集荷の多様化と農協・出荷業者・農民
  • 第6章 経営環境の変化と米穀販売業者の動向
  • 第7章 米流通金融の変貌と農協
  • 第8章 韓国における米政策の現状と問題点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 食糧法システムと農協
著作者等 佐伯 尚美
日本農業研究所
書名ヨミ ショクリョウホウシステムトノウキョウ
出版元 農林統計協会
刊行年月 2000.10.10
ページ数 268p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4541026481
NCID BA4863009X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想