在宅・SOHOワーク  2000

日本労働研究機構【編】

日本労働研究機構(JIL)のテレワーキング研究会は、1994年の設置以来、在宅ワークや在宅勤務など情報通信機器を活用しながら事業主のオフィスから離れた場所で弾力的に働くワークスタイルについて調査研究を続け、また、インターネット上で活動している在宅ワーキングフォーラムと連携を図り、会員を対象とした在宅ワーク実態調査の実施に協力を行いつつ、その結果分析を継続して進めている。本書はこれらの調査結果をもとに作成したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 在宅ワーカーの実態と動向-FWORK97〜99年調査より(在宅(SOHO)ワークとは
  • 在宅ワーカーの具体像
  • 在宅ワークの仕事
  • 仕事の獲得と能力開発 ほか)
  • 第2章 発注者(事業所)からみた在宅ワーク-JIL97年調査より(在宅ワーク発注事業所の業種、規模と立地地域
  • 発注開始年と今後の可能性
  • 発注職種と発注の規模
  • 発注の理由とメリット ほか)
  • 第3章 在宅ワーカー登録会社と在宅ワーク情報交流サイトの実態(在宅ワーカー登録会社と在宅ワーク情報交流サイトの位置づけ
  • 在宅ワーカー登録会社の実態
  • 在宅ワーク情報交流サイトの実態
  • 在宅ワーク労働市場の特徴)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 在宅・SOHOワーク
著作者等 日本労働研究機構
日本労働協会
書名ヨミ ザイタクソーホーワーク : 2000
シリーズ名 JILデータブックシリーズ
巻冊次 2000
出版元 日本労働協会
日本労働研究機構
刊行年月 2000.9.21
ページ数 130p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 453861002X
NCID BA50634060
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想