気候変動監視レポート  1999

気象庁【編】

気候変動の動向及び温室効果ガスとオゾン層の状況について。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 世界の気候変動(1999年の世界の天候
  • 地上気温と降水量の経年変化 ほか)
  • 第2章 日本の気候変動(1999年の日本の天候
  • 1999年の主な日本の気象災害 ほか)
  • 第3章 温室効果ガスおよびオゾン層破壊物質等の動向(大気中の温室効果ガス
  • 海洋の二酸化炭素 ほか)
  • 第4章 オゾン層および紫外域日射の動向(オゾン層の状況
  • 紫外域日射の動向)
  • 話題(海洋化学物質循環モデルを用いた人為起源・二酸化炭素の海洋への吸収と蓄積の見積もり
  • 1997年インドネシア森林火災で発生した煙霧の光学特性と雲粒子形成への影響)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 気候変動監視レポート
著作者等 気象庁
書名ヨミ キコウヘンドウカンシレポート : 1999
巻冊次 1999
出版元 大蔵省印刷局
刊行年月 2000.4.25
ページ数 55p
大きさ 30cm(A4)
ISBN 4171602998
NCID BA34239644
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想