シャウプ勧告50年の軌跡と課題

租税法学会【編】

シャウプ勧告を深く読み込んでなされる主張には、現在においても新鮮で刺激的な問題提起が含まれるとともに、学問的格調ともいうべきものが感じられる。本号では、シャウプ勧告を座標軸として、現在の租税政策や租税法学の課題を検討する論説やシンポジウムの記録が掲載されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 論説(シャウプ勧告の歴史的意義-21世紀に向けて
  • 抜本的税制改革以後の税制とシャウプ税制
  • 租税行政手続における権利義務関係-出発点としてのシャウプ勧告
  • シャウプ勧告における所得税-譲渡所得を中心として)
  • シンポジウム・シャウプ勧告50年の軌跡と課題
  • 学界展望・租税法学界の動向(平成11年度)
  • 判例回顧(シャウプ博士の御逝去を悼む
  • 学会記事)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シャウプ勧告50年の軌跡と課題
著作者等 租税法学会
書名ヨミ シャウプカンコクゴジュウネンノキセキトカダイ
シリーズ名 租税法研究 第28号
出版元 有斐閣
刊行年月 2000.10.10
ページ数 176p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4641128820
ISSN 09104313
NCID BA48625894
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想