研修センター : 社会人のための教育・啓発・交流施設

建築思潮研究所【編】

本誌は、日本の現代建築を主用途別に分類し、立地、規模、社会性、造形など、さまざまな面を考慮に入れてその代表作を選び、収録している。本号は、表題に示すとおり「社会人のための教育・啓発・交流施設」として「研修所・研修センター」を取り上げた。人材育成・技能等の向上のために、民間企業が自らの社員や関連企業の社員のためにもつ施設、国や地方公共団体が職員のためにもつ施設、特定の目的をもって業界などから研修生を受け入れる研修教育団体の施設、大小の会場を用意して団体・企業などに貸し出す営業研修施設などが、本号で収録している主な事例である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 研修施設の計画・設計と今後の課題-人材流動化時代の自社社員教育施設(研修施設とは
  • 企業の人材育成制度
  • 研修施設の種類、構成および規模
  • 研修施設の設計
  • 研修施設の今後)
  • 実作資料編(オービック淡路島研修センター
  • 研修センターマイ・フレンド
  • コナミ那須研修所
  • 朝日火災富士研修センター
  • 山武湘南研修センター ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 研修センター : 社会人のための教育・啓発・交流施設
著作者等 建築思潮研究所
書名ヨミ ケンシュウセンター : シャカイジンノタメノキョウイクケイハツコウリュウシセツ
シリーズ名 建築設計資料 78
出版元 建築資料研究社
刊行年月 2000.9.25
ページ数 208p
大きさ 30cm(A4)
ISBN 4874606474
NCID BA48354560
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想