流通とまちづくり : 流通 : 日本流通学会年報  No.13

日本流通学会【編】

日本流通学会第13回全国大会は、1999年11月、駒沢大学において開催された。第1日目の11月13日には3つの分科会において計14の研究報告が行われ、2日目の14日には「流通とまちづくり」という共通論題のもと、コーディネイターの解題と4名の会員の報告がなされ、フロアーからの質疑によって活発な討論が行なわれた。共通論題「流通とまちづくり」は、まさに時宜に適った緊急の課題である。大会では、こうした複合的な要因からなる社会問題について、地域住民の主体的生活の確立を軸にすえた活発な学際的討議が行われた。本学会年報は、第13回大会の共通論題「流通とまちづくり」および多岐にわたる自由論題の諸論稿を中心として編集されている。ここに収録された諸論稿は、いずれも時宜に適ったものであり、学界の研究水準の向上に寄与するものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 共通論題:流通とまちづくり(今、何故まちづくりか-都市流通論の視点から
  • 大店法とは何であったのか ほか)
  • 自由論題(地方都市における小売商業の再編と生活者-高知市を中心に
  • コンビニの光と影 ほか)
  • 投稿論文(メルセデス・ベンツのブランド・イメージと流通戦略)
  • 書評(石崎悦史著『商品知識のイノベーション戦略』
  • 薄井和夫著『アメリカ・マーケティング史研究』 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 流通とまちづくり : 流通 : 日本流通学会年報
著作者等 日本流通学会
書名ヨミ リュウツウトマチズクリ : リュウツウ : ニホンリュウツウガッカイネンポウ : 13
巻冊次 No.13
出版元 日本流通学会
芽ばえ社
刊行年月 2000.9.10
ページ数 327p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4895792439
ISSN 09149937
NCID BA49172285
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想