中勘助の恋

富岡 多恵子【著】

『銀の匙』の背景をさぐる。日記体随筆とは何かを追求し、作家中勘助の全体像を求めた話題作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 美しい母と「娘」-江木万世と妙子
  • 2章 「娘」と「父」の変容-猪谷妙子
  • 3章 短く長い三十五年の生-『猪谷妙子伝』と『妙子への手紙』
  • 4章 兄と「姉」
  • 5章 結婚-鎮魂と再生のために
  • 6章 『銀の匙』の背景
  • 第7章 『銀の匙』-「男らしさ」のない世界
  • 8章 漱石と勘助の文学-『銀の匙』の評価をめぐって
  • 9章 愛と家族制度-『提婆達多』から『犬』へ
  • 10章 「女の子」たちと独居時代
  • 11章 "愛読者"と日記体随筆

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中勘助の恋
著作者等 富岡 多恵子
書名ヨミ ナカカンスケノコイ
シリーズ名 平凡社ライブラリー
出版元 平凡社
刊行年月 2000.9.8
ページ数 432p
大きさ 16cm
ISBN 4582763634
NCID BA48339647
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想