形成過程 : 戦時・戦後復興期住宅政策資料 住宅営団  第一巻

西山夘三記念すまい・まちづくり文庫 住宅営団研究会【編】

住宅営団(住宅経営財団の略称)は、日中戦争の激化とともに戦時下の国民生活の安定を図る国策の一環として、より直接的には逼迫する軍需労務者用住宅の確保を目的として、わが国初めての住宅供給・住宅政策の国家代行機関として1941(昭和16)年五月に設立された。朝鮮・台湾・中国関東州にも設立され、住宅建設・供給や住宅団地開発はもちろんのこと植民地文化政策の一翼も担った。第一巻では厚生省が命運を賭けて戦時住宅政策を検討するために設置した「住宅対策委員会」(1940年6月勅令)および「同特別委員会」から始まり、「住宅営団設立委員会」(1941年4月)に至るまでの関係資料を時系列的に編集している。主な収録資料は、(1)第二次大戦開戦直前の1940年当時の住宅・建設事情、(2)住宅営団法案および貸家組合法案の審議過程、(3)同潤会末期の経営・財務状況、(4)同潤会から住宅営団への引継ぎ事項などである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 住宅営団設立委員会関係
  • 同潤会評議員会関係
  • その他住宅営団設立関連
  • 住宅対策委員会/同特別委員会関係

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 形成過程 : 戦時・戦後復興期住宅政策資料 住宅営団
著作者等 西山夘三記念すまいまちづくり文庫 住宅営団研究会
書名ヨミ ケイセイカテイ : センジセンゴフッコウキジュウタクセイサクシリョウジュウタクエイダン : ダイイッカン
巻冊次 第一巻
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2000.6.25
ISBN 4818813133
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想