凍結技法で広がる超微の世界 : 電子顕微鏡 基礎技術と応用 : 第11回電顕サマースクール  2000

第11回電顕サマースクール実行委員会【編】

21世紀を間近にひかえた本年のサマースクールのテキストは、はじめの鏡体理論などの講義の一部は非生物系にも共通しますが、主に生物試料の凍結技法を中心にして種々の顕微鏡機器(電子顕微鏡、走査型プローブ顕微鏡、共焦点レーザー顕微鏡)と関連機器の実技講習に関する内容とすることにいたしました。従来の電子顕微鏡を含めた形態学的手法の基礎から凍結技法の応用までに述べられているように、再び形態学の重要性を認識する"21世紀の形態学ルネッサンス"の幕開けとしたいと思います。なお、このサマースクールテキストが参加者以外の方々にも広く読まれ、勉学と研究の一助となることを願っております。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 透過電子顕微鏡の基礎-構造と原理
  • 走査電子顕微鏡
  • 分析電顕(透過型と走査型)
  • 走査プローブ顕微鏡の原理
  • 電子顕微鏡試料の作製
  • SEM試料作製法
  • 分析電顕試料作製法
  • 走査プローブ顕微鏡(SPM)試料作製法
  • 共焦点レーザ顕微鏡観察(confocal laser scanning microscopy:CLSM)-試料作製法
  • 歴史的に捉えた急速凍結法の概要
  • 高圧凍結技法〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 凍結技法で広がる超微の世界 : 電子顕微鏡 基礎技術と応用 : 第11回電顕サマースクール
著作者等 日本電子顕微鏡学会電顕サマースクール実行委員会
日本電子顕微鏡学会
第11回電顕サマースクール実行委員会
書名ヨミ トウケツギホウデヒロガルチョウビノセカイ : デンシケンビキョウキソギジュツトオウヨウ : ダイジュウイッカイデンケンサマースクール : 2000
巻冊次 2000
出版元 学際企画
刊行年月 2000.8.4
ページ数 257p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4906514383
NCID BA48146279
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想