数字でみる港湾 : 港湾ポケットブック  2000

運輸省港湾局【監修】

海とともに発展してきた我が国において港湾は、近年、経済・社会のグローバル化、環境に対する意識の向上等、我が国港湾をめぐる環境が大きく変化してきています。これらの変化を適切に踏まえた港湾の整備及び管理運営を実施するため、平成11年12月の港湾審議会答申「経済・社会の変化に対応した港湾の整備・管理のあり方について」により、全国的・広域的な視点からの取組みの強化等、港湾行政の進むべき方向が示されました。本答申を踏まえ、重要港湾等の定義の明確化や国庫負担率の見直し等、港湾法の一部改正が行われました。本書は、現在の港湾の姿を正確に把握するために必要な広範なデータを凝縮し、港湾関係の業務に携る方々の実用の書となるようにしました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 わが国の港湾
  • 第2章 港湾利用の現況
  • 第3章 港湾の管理運営
  • 第4章 港湾の計画と整備
  • 第5章 ウォーターフロントへの展開
  • 第6章 港湾の技術開発の推進とその普及
  • 第7章 海岸の現況と海岸事業

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 数字でみる港湾 : 港湾ポケットブック
著作者等 運輸省港湾局
書名ヨミ スウジデミルコウワン : コウワンポケットブック : 2000
巻冊次 2000
出版元 日本港湾協会
刊行年月 2000.7.20
ページ数 245p
大きさ 15cm(A6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想