トンネルコンクリート施工指針

土木学会コンクリート委員会トンネルコンクリート施工指針作成小委員会【編】

平成11年6月に、山陽新幹線福岡トンネルの覆工からコンクリート塊が落下して、走行中の列車を直撃するという衝撃的な事故が発生した。その後も覆工コンクリートの落下が相次ぎ、トンネルの安全性に対する社会的な懸念が増大する中で、土木学会コンクリート委員会は、平成11年10月、「トンネルコンクリート施工指針作成小委員会」を急遽設置した。本書では、原則として、トンネルコンクリートで特に必要な事項についてのみ記述することとした。準拠すべき示方書は、平成11年版示方書に整合させることとした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 山岳トンネルの覆工コンクリート
  • 第2部 山岳トンネルの吹付けコンクリート
  • 第3章 シールドトンネルの二次覆工コンクリート
  • 第4部 覆工コンクリートのひび割れ対策
  • 付属資料・シールドトンネルの二次覆工コンクリートに関するアンケート調査結果

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トンネルコンクリート施工指針
著作者等 土木学会コンクリート委員会トンネルコンクリート施工指針作成小委員会
書名ヨミ トンネルコンクリートセコウシシン
シリーズ名 コンクリートライブラリー 102
出版元 丸善
土木学会
刊行年月 2000.7.31
ページ数 163p
大きさ 30cm(A4)
ISBN 481060277X
NCID BA4903736X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想