遺言の歌 : ヴィヨン遺言詩注釈  3

堀越 孝一【著】

中世の秋に生きた証明-ヴィヨン探索。歴史家が描いた十五世紀パリの透視図-諧謔と諷刺に抒情をないまぜた詩文が十五世紀のパリの生活を歌う。堀越孝一版「ヴィヨン遺言詩注釈『遺言の歌』」は三巻に分かれ、本巻には第80節から135節までを収める。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 遺言の歌(中)
  • 遺言の歌(中)注釈(キマイラよりも痩せたこのおれが180から84節まで
  • ひとーつ、おれにとって父以上の人185節から88節まで
  • あなたのほかに城はない、砦はない189節と聖母祈祷のバラッド
  • ひとーつ、おれの恋人、いとしのバラに190節と91節
  • 嘆きをひとに遺すなって、歌うがいいさ192節と93節、各行そろってエールで終わるバラッド
  • 十行詩ならぬ、なんと、これはレだ194節と「レ」
  • ひとーつ、角の旦那のジャン・コルヌに195節と96節
  • ひとーつ、なにしろあいつの女房め197節から99節まで ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遺言の歌 : ヴィヨン遺言詩注釈
著作者等 堀越 孝一
書名ヨミ ユイゴンノウタ : ヴィヨンユイゴンシチュウシャク : 3
巻冊次 3
出版元 小沢書店
刊行年月 2000.7.20
ページ数 539,37p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4755104017
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想