フリーターの意識と実態 : 97人へのヒアリング結果より

[日本労働研究機構] 研究所編集

厳しい経済状況が続く中で、若者の失業率はこれまでにない高い水準に達している。若者の失業は「自発的離職」によることが多いと指摘されているが、不況下にもかかわらずこうした自発的離職が増加している理由については十分把握されていない。さらに、学校卒業時点で就職も進学もしていない学卒無業者の増加や、正社員ではないアルバイトなどの非正規の就業形態で働く若者の増加も近年では著しい。こうした若者の就業行動の変化の背景にはどのような要因があるのか、有効な対策を検討するためには、まずそれを解明する必要がある。こうした認識から、本研究会では、いくつかの実態調査を企画した。本書は、その第一調査である「フリーター」の方々へのヒアリング調査をまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 調査結果の概要
  • 調査結果(研究の概要と調査結果の分析
  • ヒアリング結果)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フリーターの意識と実態 : 97人へのヒアリング結果より
著作者等 日本労働研究機構
書名ヨミ フリーターノイシキトジッタイ : 97ニンヘノヒアリングケッカヨリ
シリーズ名 調査研究報告書 No.136(2000)
出版元 日本労働協会
日本労働研究機構
刊行年月 2000.7.17
ページ数 672p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4538891363
NCID BA47793918
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想