東京研究 : 世界都市「東京」を総合的に分析する学際誌  4

東京自治問題研究所【編】

バブル崩壊後、ほぼ10年が経過した。景気が回復過程に入ったとの指摘もあるが、マスコミ等を通して、私たちの眼前に飛び込んでくるのは、資金繰りに喘ぎ倒産する企業の状況や、「リストラ」で解雇される労働者の姿である。「特集」では、ズバリ雇用不安にゆれる巨大都市・東京の現在を取り上げている。また、これに関連して、「鼎談」では、現代の社会・労働・雇用問題について、縦横に語っている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 巻頭言(地方自治の歴史から学ぶこと)
  • 視点(介護保険に想う)
  • 提言(協力社会と財政運営)
  • 特集 雇用不安にゆれる巨大都市・東京(鼎談 現代社会の労働・雇用・労働者-新しい状況をふまえての新しい模索を
  • 東京の労働市場-規制緩和と構造変化 ほか)
  • 調査研究(高齢者の経済生活と高齢期雇用の現実-東京都東部下町地域における求職高齢者の調査から
  • 高齢者の居住環境改善の現状と課題-東京都の現状を中心として)
  • 研究ノート(地方分権時代に自治体議会・議員論を読む
  • 21世紀の地域と雇用-生活の質と福祉の観点から)
  • 歴史研究(後藤新平東京市政下における社会教育事業-都市市民自治訓練の思想と方法)
  • 書評(篠崎彰彦『情報革命の構図-日米経済に何が起こっているか』(東洋経済新報社、1999年))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東京研究 : 世界都市「東京」を総合的に分析する学際誌
著作者等 東京自治問題研究所
書名ヨミ トウキョウケンキュウ : セカイトシトウキョウヲソウゴウテキニブンセキスルガクサイシ : 4
巻冊次 4
出版元 東信堂
刊行年月 2000.7.8
ページ数 294p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4887133677
ISSN 13449753
NCID BA42387319
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想