性と生殖の人権問題資料集成

荻野 美穂;松原 洋子;斎藤 光【解説】

本資料集成は、近現代日本における性と生殖をめぐるさまざまな動きを総体的にとらえるために、19世紀末から1953年(優生保護法の形が定まった五二年改正の翌年であり日本家族計画連盟創立の前年)までの時期に出版された書籍・パンフレット・公文書を中心とした関連資料を収集・厳選し、500点を編集復刻。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1巻(懐妊避妊自在法
  • 子宝自在ニ造ル伝全(官許)
  • 人工妊娠新術
  • 社会改良実論全 ほか)
  • 第2巻(家族制限法
  • 産児制限と優生学
  • 産児制限と避妊
  • 産児制限論を諸方面より観察して ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 性と生殖の人権問題資料集成
著作者等 斎藤 光
松原 洋子
荻野 美穂
書名ヨミ セイトセイショクノジンケンモンダイシリョウシュウセイ
出版元 不二出版
刊行年月 2000.6.25
版表示 編集復刻版
ISBN 4835013492
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想