学習障害・学習困難への教育的対応 : 日本の学校教育改革を目指して

山口 薫【編著】

文部省に設置された「学習障害及びこれに類似する学習上の困難を有する児童生徒の指導方法に関する調査研究協力者会議」の最終報告がまとまり、平成11年7月2日に公になった。本書は、「報告」の内容を具体的に解説して理解を深めるとともに、学習障害や学習困難への教育的対応を、欧米先進国の動向も見据えながら日本の特殊教育の改革、さらには日本の学校教育全体の改革の枠組みにどう位置づけるかについて具体的な提言を行ったものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 学習障害(LD)・学習困難への教育的対応によって日本の学校教育はどう変わるか
  • 第1章 学習障害(LD)とは-文部省協力者会議報告の「定義」を中心に
  • 第2章 学習障害(LD)の判断・実態把握基準-協力者会議報告「試案」を中心に
  • 第3章 LD等に対する指導の形態と場
  • 第4章 今後の課題
  • 第5章 特殊教育改革の方向-総合教育からインクルージョン教育へ
  • 終章 特殊教育改革への提言

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学習障害・学習困難への教育的対応 : 日本の学校教育改革を目指して
著作者等 山口 薫
岩澤 一美
書名ヨミ ガクシュウショウガイガクシュウコンナンヘノキョウイクテキタイオウ : ニホンノガッコウキョウイクカイカクヲメザシテ
出版元 文教資料協会
刊行年月 2000.6
版表示 増補版
ページ数 228p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4924339784
NCID BA58012122
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想