新世紀の経営戦略、コーポレート・ガバナンス、人事戦略

日本労働研究機構研究所【編】

グローバル化、規制緩和の進展、少子高齢化といった我が国企業をとりまく環境が激変する中で、日本の経営と労働は大きな曲がり角にさしかかっている。そのなかで、日本的経営、日本的雇用慣行に対して風当たりが強い。しかし、日本の経営と労働に関する実態調査はそれほど多くない中、日本的経営・雇用慣行に関する議論や批判だけがおこなわれているきらいがある。そこで、編者は、日本の経営と労働の実態を把握するため、大企業の経営戦略、コーポレート・ガバナンス、そして人事戦略に焦点を当てて、アンケート調査をおこなった。本書は、その結果をまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 総論:新世紀の経営戦略、コーポレート・ガバナンス、人事戦略(調査結果の要約と結論)(調査結果の内容
  • まとめ)
  • 第2部 各論(調査の目的と方法および回答企業の特徴
  • 経営目標の変化と企業統治、雇用・労使関係への影響
  • 経営状況の変化と、経営方針、コーポレート・ガバナンス、人事戦略への影響
  • 企業経営の変化と取締役-労働法の観点から ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新世紀の経営戦略、コーポレート・ガバナンス、人事戦略
著作者等 日本労働研究機構
日本労働研究機構研究所
書名ヨミ シンセイキノケイエイセンリャクコーポレートガバナンスジンジセンリャク
シリーズ名 調査研究報告書 No.133
出版元 日本労働協会
日本労働研究機構
刊行年月 2000.6.23
ページ数 178p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4538891339
NCID BA47602033
BA47805267
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想