粘液産生膵腫瘍 : 診断と治療の進歩

池田 靖洋【編】

[目次]

  • 粘液産生膵腫瘍(膵管内乳頭腫瘍)の疾患概念と歴史
  • 分類、鑑別診断
  • 臨床病理
  • 粘液産生膵腫瘍の分子生物学的検討
  • US、EUSによる膵管内乳頭腫瘍の診断
  • 膵管内腫瘍の診断におけるMRCPの有用性
  • MRCP
  • ERCP:balloon ERP‐CS像からみた手術適応と術式選択
  • EUS
  • 粘液産生膵腫瘍に対するEUSの診断的意義〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 粘液産生膵腫瘍 : 診断と治療の進歩
著作者等 池田 靖洋
書名ヨミ スイカンナイニュウトウシュヨウ : シンダントチリョウノシンポ
シリーズ名 消化器病セミナー 79
出版元 へるす出版
刊行年月 2000.6.20
ページ数 184p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4892693626
NCID BA47378155
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想