NAGASAKI UNDER THE ATOMIC BOMB : Experiences of Young College Girls

中野 道子【編著・訳】;泉の会【訳】

当時16歳か17歳であった女子学生が、50年の歳月の後にようやく語った長崎原爆の現実。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 The Firing Summer(A Flash of Light
  • Near Ground Zero
  • Coming Home to the Hypocenter ほか)
  • 2 The Autumn and Winter of Death and Disease(The End of the War
  • Streets of Debris
  • From the Edge of Death ほか)
  • 3 After Half a Century(At the Inn in Kyoto
  • The Terror of Nuclear Fission Realized at the News of the Chernobyl Accident)
  • 4 Nagasaki Atomic Bombing

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 NAGASAKI UNDER THE ATOMIC BOMB : Experiences of Young College Girls
著作者等 泉の会
中野 道子
書名ヨミ NAGASAKI UNDER THE ATOMIC BOMB : EXPERIENCES OF YOUNG COLLEGE GIRLS
出版元 三省堂書店
創英社
刊行年月 2000.5.1
ページ数 142p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4881422111
NCID BA48262032
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想