響きわたれ愛の遺言 : クラシックコンサート : 未完成:シューベルト・悲愴:チャイコフスキー  Vol.3

北村肇, 日本アート・センター編集

シューベルトの「未完成」は、心の安らぎをもたらし、美しい響きをに包み込まれる幸せを感じさせてくれます。また、チャイコフスキーの最後の交響曲「悲愴」は、深い情感に満ちあふれています。この名曲をムーティ指揮による名演でお楽しみください。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 響きわたれ愛の遺言
  • ひらめきのシューベルト
  • 最後の傑作『悲愴』と謎の死/チャイコフスキー
  • 恐怖の第9交響曲
  • 交響曲『悲愴』は本当に"悲愴"なのか?
  • ウィーン・フィル物語
  • ハプスブルク家と音楽
  • ウィーンにはシューベルトが生きている!
  • 音楽療法と「治る」ということ
  • 国際コンクールの思い出
  • シューベルトを囲む人の輪「シューベルティアーデ」
  • ミニ・アナリーゼ&解説

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 響きわたれ愛の遺言 : クラシックコンサート : 未完成:シューベルト・悲愴:チャイコフスキー
著作者等 北村 肇
日本アートセンター
書名ヨミ ヒビキワタレアイノユイゴン : クラシックコンサート : ミカンセイシューベルトヒソウチャイコフスキー : 3
シリーズ名 CDブック
巻冊次 Vol.3
出版元 毎日新聞
毎日新聞社
刊行年月 2000.6.15
ページ数 49p
大きさ 20×21cm
付随資料 録音ディスク20枚
ISBN 4620000191
NCID BA45031066
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想