兵法入門 : 孫子から、クラウゼヴィッツ、毛沢東まで

松井 茂【著】

兵法とは、文字通り兵を動かす術である。いわば、用兵術、軍事戦略・戦術である。中世の日本は、兵法を「ひょうほう」と読んで、剣術を中心とする武術を指す時代であったが、現代では、このような意味としては使われていないようだ。本書では、武術ではないほうの兵法を解説してゆく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 兵法の基本を学ぶ-兵法の成り立ちを鉄則から考える(兵法の鉄則を知っておこう-兵法の八つのポイントを見る
  • 兵法で決してやってはならぬこと-「ワンパターン思考」のワナにはまるな
  • 勝利のための六大基本型-勝つためのもっとも効率的な方法 ほか)
  • 第2章 古今東西の必勝戦術を探る-名将たちは戦術をどのように活用してきたのか(A・ボーフルの戦略公式とは何か?-戦略は「S=KFφt」で言いあらわせる
  • 内線作戦と外線作戦のどちらをとるか?-自国の置かれた条件で左右される作戦
  • 弱者の必勝法「戦力の傾斜的使用」とは?-劣勢な弱者が強者を打ち負かす戦法 ほか)
  • 第3章 勝つための軍事力・指導力とは?-勝敗を分かつ要因はどこにあるのか
  • (そもそも軍事力とは?-軍事力は、多様な要素から成るもの
  • 強者の兵法とは何か?-強者だからこそ必要な戦術がある
  • 弱者の兵法とは何か?-弱者が強者に打ち勝つための戦術 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 兵法入門 : 孫子から、クラウゼヴィッツ、毛沢東まで
著作者等 松井 茂
書名ヨミ ヘイホウニュウモン : ソンシカラクラウゼヴィッツモウタクトウマデ
シリーズ名 2時間でわかる図解シリーズ
出版元 中経出版
刊行年月 2000.6.20
ページ数 175p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4806113476
NCID BA47341100
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想