夏への扉

ハインライン ロバート・A.【著】<Heinlein Robert A.>

ぼくらは、1970年12月、コネチカット州に住んでいた。猫のピートは、いつも冬になると、夏への扉を探す。たくさんあるドアのどれかが夏に通じていると信じ込んでいるのだ。そう、ぼくも夏への扉を探していた。婚約者のベルに裏切られ、仕事は取りあげられ、生命から二番目に大切な発明さえも騙しとられてしまった。そんなときだ、ぼくの目が「冷凍睡眠保険」に吸い寄せられたのは。ぼくは、猫のピートと共に、30年後に蘇る冷凍睡眠を申し込もうとする。そして、2000年の12月に…。20世紀を代表するSF作家、そしてアメリカSF界最大の巨匠としてあまりにも有名な、ロバート・A・ハインラインの最高傑作。辞書のいらない「ルビ訳」。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 夏への扉
著作者等 Heinlein, Robert A.
Heinlein Robert A.
ハインライン ロバート・A.
書名ヨミ ナツヘノトビラ
シリーズ名 講談社ルビー・ブックス
出版元 講談社インターナショナル
刊行年月 2000.6.9
ページ数 247p
大きさ 19cm
ISBN 4770026609
NCID BA48208649
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想