教師のライフコース : 昭和史を教師として生きて

稲垣 忠彦;寺崎 昌男;松平 信久【編】

本研究は、教師教育、とくに教師の専門家としての力量形成を、教師の経験にもとづき、ライフコースにわたって広い視野から綜合的にとらえている。教育実践、教育方法への関心を軸としつつ、研究の方法としては社会学的接近、歴史的接近にもとづいている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 研究の目的と方法
  • 第1章 家庭と学校で受けた教育
  • 第2章 師範学校への入学とその教育
  • 第3章 教師としての成長を支えるもの
  • 第4章 最初の10年間
  • 第5章 学校という場とその影響
  • 第6章 管理職期の経験
  • 第7章 激動する時代のなかで
  • 第8章 教師にとって必要な力量
  • 終章 教師教育への示唆
  • 補論 ライフコースの視点から

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教師のライフコース : 昭和史を教師として生きて
著作者等 寺崎 昌男
松平 信久
稲垣 忠彦
書名ヨミ キョウシノライフコース : ショウワシヲキョウシトシテイキテ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2000.5.25
版表示 第2刷
ページ数 317,13p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4130530763
NCID BN0235818X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想