労働力の非正社員化、外部化の構造とメカニズム

日本労働研究機構研究所【編】

本報告書は序章と6つの章から構成される。序章では調査研究の目的と方法を記し、第1章では調査対象事業所の経営動向等を整理する。続いて第2章で労働力の構成と各労働力の役割を検討し、第3章では経営状況などとの関連から雇用等の変動について分析する。第4章では業務外注と業務受託の状況を整理して、第5章では非正社員、外部労働者の採用・受入管理と労働コストについて検討する。そして最終の第6章では、非正社員比率、外部労働者比率に影響を与える要因についての関数分析を行う。なお、以上の分析検討の要点は、冒頭の調査結果の概要に示している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 調査研究の目的と方法
  • 第1章 経営動向と経営努力
  • 第2章 労働力構成と各労働力の役割
  • 第3章 雇用等の変動と過不足状況
  • 第4章 業務外注と業務受託
  • 第5章 採用・受入管理と労働コスト
  • 第6章 非正社員比率、外部労働者比率の関数分析

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 労働力の非正社員化、外部化の構造とメカニズム
著作者等 日本労働研究機構
神谷 隆之
日本労働研究機構研究所
書名ヨミ ロウドウリョクノヒセイシャインカガイブカノコウゾウトメカニズム
シリーズ名 調査研究報告書 No.132
出版元 日本労働協会
日本労働研究機構
刊行年月 2000.5.31
ページ数 134p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4538891320
NCID BA47012481
BA46396377
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想