立法史料からみた労働基準法

日本労働法学会【編】

日本労働法学会第九八回大会は、1999年10月、山形大学において開催された。統一テーマは「立法史料からみた労働基準法」であり、戦後まもなく開始された労働基準法制定作業の資料を仔細にたどる研究である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 立法史料からみた労働基準法-労働基準法立法史料研究の序説
  • 立法史料から見た労働基準法-規制と団交から契約と参加へ
  • 労働時間規制立法の誕生
  • 労働保護法から労働基準法へ
  • 労働基準法の国際的背景
  • 労働基準法とは何だったのか?
  • シンポジウム・立法史料からみた労働基準法
  • 回顧と展望
  • 第98回大会記事

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 立法史料からみた労働基準法
著作者等 日本労働法学会
書名ヨミ リッポウシリョウカラミタロウドウキジュンホウ
出版元 日本労働法学会
総合労働研究所
刊行年月 2000.5.20
ページ数 243p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4794104456
NCID BA46958444
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想