田園・運命(ベートーヴェン) : クラシックコンサート : 緊張と解放のシンフォニー  vol.2

北村肇, 日本アート・センター編集

「運命」と「田園」は同じ時期の作品なのに、曲のイメージが大変に異なっています。「運命はこのように扉をたたく」とベートーヴェン自身が言ったそうです。本当は、冒頭の有名な部分より深い味わいのある第2楽章、「勝利の楽章」と呼ばれる第4楽章を聴いて欲しいのです。「田園」は作曲家が愛した自然の力を感じさせてくれる心の糧となる音楽なのです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 音楽の情景・緊張と解放のシンフォニー
  • 作曲家物語・ベートーヴェン物語
  • 誕生背景・隠されたロマンティシズム
  • 演奏者物語・現代指揮界に君臨するムーティ
  • 関連特集・絶対交響曲と標題交響曲-『運命』と『田園』をめぐって
  • 作品讃歌・不惑の歳
  • ヒーリング・ハンディキャップのある子どもの音楽療法-現場の風景
  • コンクール・コンクールには平常心が一番
  • 知っ得コラム・おらが村の集まるヨーロッパ
  • ミニ・アナリーゼ&解説

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 田園・運命(ベートーヴェン) : クラシックコンサート : 緊張と解放のシンフォニー
著作者等 北村 肇
日本アートセンター
書名ヨミ デンエンウンメイベートーヴェン : クラシックコンサート : キンチョウトカイホウノシンフォニー : 2
巻冊次 vol.2
出版元 毎日新聞
毎日新聞社
刊行年月 2000.5.15
ページ数 49p
大きさ 20×21cm
付随資料 録音ディスク20枚
ISBN 4620000183
NCID BA45031066
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想