21世紀の扉をひらく : 住宅白書 : 居住の権利確立をめざして  2000

日本住宅会議【編】

市民、研究者サイドからの住宅問題に対する住宅政策全体像の提案をした日本住宅会議による白書。2000年版住宅白書は第1にバブル崩壊後の居住不安の増大と住宅および居住環境問題の新たな局面、第2に環境に考慮した新たな福祉社会としての具体的な居住案、第3に国連社会権規約委員会に提出された第2回政府報告書の住宅・居住項目に関するカウンターレポートの基礎資料として日本の住宅問題の実態とその対策を報告することを目的としている。構成はバブル崩壊後の住宅問題の実態などの各論と資料編で構成。資料編は各都市別のホームレスの概数、住宅総数および総世帯数の推移など15の資料を収録。巻末に日本住宅会議のアピールおよび活動を掲載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 バブル崩壊後の住宅問題の実態(経済不況下での居住不安
  • 住宅市場の限界
  • 深刻化する住宅ストックの維持管理問題
  • 増加する高層住宅 ほか)
  • 第2部 住宅・都市政策における市場主義
  • 第3部 21世紀の扉をひらく-新たな居住環境実現のために
  • 第4部 震災復興その後の追跡
  • 第5部 世界の住宅政策・住宅運動
  • 第6部 資料編

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 21世紀の扉をひらく : 住宅白書 : 居住の権利確立をめざして
著作者等 日本住宅会議
書名ヨミ ニジュウイッセイキノトビラヲヒラク : ジュウタクハクショ : キョジュウノケンリカクリツヲメザシテ : 2000
巻冊次 2000
出版元 ドメス出版
刊行年月 2000.4.20
ページ数 356p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4810705129
NCID BA46463780
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想