子どものエンパワメントと教育

部落解放・人権研究所【編】

被差別の子どもたちは、自尊感情(セルフ・エスティーム)が低いと言われます。今日的な差別は、露骨な差別言動として現れるよりも、自分自身で内側から自己の可能性を制約するといった現れ方をするため、どのように否定的な自己像をつくり替え、自己実現を行っていくのか、その解決の方途を探っていくことが重要です。座談会では、被差別の社会的立場にある青年・高校生のこれまで経験してきた学校教育、子ども会、友達とのつきあいで感じたりしたことなどが語られています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 子どもがエンパワーする人権教育研究プロジェクトについて
  • 2 子どものエンパワメント(視点および概念)
  • 3 子どものいま(現状)
  • 4 子どもの心にせまる
  • 5 子どものエンパワメント空間
  • 6 地域・学校環境をどうつくりかえていくのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子どものエンパワメントと教育
著作者等 部落解放研究所
部落解放人権研究所
書名ヨミ コドモノエンパワメントトキョウイク
出版元 解放出版社
部落解放・人権研究所
部落解放研究所
刊行年月 2000.4.25
ページ数 202p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4759220224
NCID BA46598236
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想