モノ・都市・情報のバリアフリー : 人権をかたちに

川越 利信;井上 明【共著】;部落解放・人権研究所【編】

バリアフリーは人権・福使・環境をキーワードとし、狭義のバリアフリーの概念に固執せず、日常生活空間から地球全体に広がるグローバルな開放系の思考と活動の必要性を示唆している。誤解を恐れずに述べると、「バリアはすべて人間がつくった」といえる。バリアフリーという概念こそ、21世紀の地球にとって重要なキーワードになるだろう。折しも2000年に入って、バリアフリー法案が閣議決定されたというニュースがとびこんできた。その動向を注視していきたい。本書では、ほんの一部の事例を述べたにすぎないが、その一つひとつは「小さくても筋の通った実践」の事例だ。バリアフリーを考え、行動する人びとの活動の一助になるものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 モノとサービスのバリアフリー(バリアフリーを世に押し出した人びと
  • 福祉用具と共用品
  • 共用品・共用サービスのパイオニア)
  • 第2章 情報のバリアフリー(心のバリアを乗り越えるために
  • 情報のバリアフリー-JBS日本福祉法放送の試み
  • JBS日本福祉放送の運営 ほか)
  • 第3章 都市のバリアフリー(はじめに-都市のバリアフリーとは
  • 三つの事例-子どもたちへのまなざし
  • 大規模プロジェクトの新しい動向 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 モノ・都市・情報のバリアフリー : 人権をかたちに
著作者等 井上 明
川越 利信
部落解放人権研究所
部落解放研究所
部落解放人権研究所
書名ヨミ モノトシジョウホウノバリアフリー : ジンケンヲカタチニ
出版元 解放出版社
部落解放・人権研究所
部落解放研究所
刊行年月 2000.4.25
ページ数 159p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4759261095
NCID BA46601487
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想