精神障害等の労災認定 : 「心理的負荷による精神障害等に係る業務上外の判断指針」の解説

労働省労働基準局補償課【編】

[目次]

  • 第1章 業務上疾病の認定(業務上疾病に関する法令
  • 業務上疾病の認定の基本的考え方)
  • 第2章 判断指針の策定の背景(精神障害等の従来の取扱い
  • 労災請求等の現状
  • 裁判の動向)
  • 第3章 判断指針策定に当たっての主要検討事項(検討に至る経緯
  • 「ストレス‐脆弱性理論」の採用
  • ストレスの客観化
  • 心理的負荷の評価
  • 自殺の取扱いの検討)
  • 第4章 判断指針(総論
  • 精神障害の発病の有無等の判断
  • 業務による心理的負荷の評価
  • 業務以外の要因の評価
  • 業務上外の判断(「判断指針」第4の5)
  • 調査に当たっての留意事項(「判断指針」第4の6)
  • 治ゆ等(「判断指針」第5)
  • 自殺の取扱い(「判断指針」第6)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神障害等の労災認定 : 「心理的負荷による精神障害等に係る業務上外の判断指針」の解説
著作者等 労働省労働基準局補償課
書名ヨミ セイシンショウガイトウノロウサイニンテイ : シンリテキフカニヨルセイシンショウガイトウニカカルギョウムジョウガイノハンダンシシンノカイセツ
出版元 労働調査会
刊行年月 2000.3.10
ページ数 320p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4897826152
NCID BA4767670X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想