戴冠詩人の御一人者

保田 与重郎【著】

昭和13年9月に刊行され、第2回透谷文学賞を受けた本書は、『日本の橋』『英雄と詩人』の2年後に出た3冊目の評論集である。収録作10篇は概ね昭和10年から13年にかけて発表されたものだが、最も早く書かれた「当麻曼荼羅」は昭和8年の発表になる。因みにこの作は、折口信夫の『死者の書』執筆のきかっかけになった。前二著が近代と西洋を媒介として文学的な拠点と感性を自ら語るエッセイが多かったのに比して、本書は日本の古典の美と信実を確信する文章を専らとし、世界史の中の「日本」を強く意識する保田29歳の決意とともに上梓された事情は「緒言」にみられる通りである。就中、神人分離を背景に、詩人と武人を一身に体現した悲劇的存在としての日本武尊を描いた表題作と、巻末に置かれた「明治の精神」は雑誌発表当時、文壇を刺戟した作である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 戴冠詩人の御一人者
  • 大津皇子の像
  • 白鳳天平の精神
  • 当麻曼荼羅
  • 斎宮の琴の歌
  • 雲中供養仏
  • 更級日記
  • 建部綾足
  • 饗宴の芸術と雑遊の芸術
  • 明治の精神

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戴冠詩人の御一人者
著作者等 保田 与重郎
保田 与重郎
書名ヨミ タイカンシジンノゴイチニンシャ
シリーズ名 保田与重郎文庫
出版元 新学社
刊行年月 2000.4.8
ページ数 274p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4786800244
NCID BA46471133
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想