東アジア戦略概観  2000

防衛庁防衛研究所【編】

本書の分析の対象は朝鮮半島、中国、ロシアの情勢と、米国の東アジア政策、東ティモールでの事態など東アジアの安全保障に大きな関わりを持つ問題である。また、分析の対象期間は基本的に1999年の1年間である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1999年の東アジア
  • 第1部 トピックス(「東ティモール」に揺れたインドネシアとASEAN
  • 東アジアの核兵器と弾道ミサイル戦力
  • 東アジアにおける海洋の安全保障環境
  • ガイドライン関連法等の成立・承認とその意義)
  • 第2部 各国・地域の情勢(朝鮮半島
  • 中国
  • ロシア
  • 米国の東アジア安全保障政策)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジア戦略概観
著作者等 防衛庁防衛研究所
書名ヨミ ヒガシアジアセンリャクガイカン : 2000
巻冊次 2000
出版元 大蔵省印刷局
刊行年月 2000.3.21
ページ数 227p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4173611528
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想