消化器内視鏡治療 : 適応と手技の基本

鈴木 博昭【編】

今回の特集では、管腔内視鏡を用いた治療のみを取り上げた。項目中には最近のトピックスもいくつか含まれ、各々の手技についてその方法とコツおよびその治療成績や落とし穴が述べられている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 総論:消化器内視鏡治療-現在の評価と今後の展開(上部消化管
  • 下部消化管
  • 胆膵)
  • 2 各論:適応と手技(食道静脈瘤の内視鏡治療:硬化療法(EIS)
  • 食道静脈瘤の内視鏡治療:静脈瘤結紮術(EVL)と硬化療法の併用治療
  • 早期食道癌の内視鏡治療:EEMR‐tube法
  • 早期食道癌の内視鏡治療 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 消化器内視鏡治療 : 適応と手技の基本
著作者等 鈴木 博昭
書名ヨミ ショウカキナイシキョウチリョウ : テキオウトシュギノキホン
シリーズ名 消化器病セミナー 78
出版元 へるす出版
刊行年月 2000.3.20
ページ数 311p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 489269357X
NCID BA45941162
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想