変革期の大卒採用と人的資源管理 : 就職協定廃止と大卒の採用・雇用管理の変化

日本労働研究機構研究所【編】

本研究では就職協定廃止初年度にあたる1997年度と、その次年度の1998年度における企業の採用活動、また、採用後の大卒等若年者の雇用管理についてアンケート調査を行い、変化の実態を捉えようとしている。変化の断片は日常の中でも見聞きすることができるが、それが全体としてどの程度のものであり、どのような関連性を持ったものかについては、本報告のような体系的な調査は行わなくては明らかにできない。そして、変化の現状について、その実状を把握することは、企業側にとっても有益な情報を提供できるものであるとともに、これから就職活動を行う学生側、大学側にとっても有効なものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 概要(調査研究の目的と方法
  • 新規大卒者の採用-就職協定廃止と大卒の採用活動 ほか)
  • 第1部 企業アンケート調査結果(調査の方法と調査対象企業
  • 新規大卒者の採用-協定廃止初年度、次年度の採用活動 ほか)
  • 第2部 調査研究結果の分析と検討(就職協定の廃止と新規大卒者の採用
  • 採用にかかるコストと今後の採用活動 ほか)
  • 調査結果統計表(1997年
  • 1998年)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 変革期の大卒採用と人的資源管理 : 就職協定廃止と大卒の採用・雇用管理の変化
著作者等 日本労働研究機構
日本労働研究機構研究所
書名ヨミ ヘンカクキノダイソツサイヨウトジンテキシゲンカンリ : シュウショクキョウテイハイシトダイソツノサイヨウコヨウカンリノヘンカ
シリーズ名 調査研究報告書 No.128
出版元 日本労働協会
日本労働研究機構
刊行年月 2000.1.31
ページ数 453p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4538891282
NCID BA46475768
BA45742916
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想