夢酔独言 他

勝 小吉【著】;勝部 真長【編】

「(勝小吉は)42歳になった天保14年におのれの放埓な一代のことを『夢酔独言』と題して、書いて残した。この時代の武士になかなかないことで実に率直に、無邪気な程度に隠すことのない自伝である」と大仏次郎が評した表題作に、『平子龍先生遺事』を収録。江戸時代の庶民の声が蘇える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 夢酔独言(鶯谷庵独言
  • 夢酔独言)
  • 平子龍先生遺事

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 夢酔独言 他
著作者等 勝 惟寅
勝部 真長
勝 小吉
書名ヨミ ムスイドクゲンホカ
シリーズ名 平凡社ライブラリー
出版元 平凡社
刊行年月 2000.3.15
ページ数 241p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4582763332
NCID BA46051488
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
夢酔独言
平子龍先生遺事
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想