精神分裂病の薬物療法 100のQ&A

藤井 康男【編】

[目次]

  • リスペリドンを初発の分裂病患者に用いてみようと思いますが有効でしょうか?どんな点に注意するといいのでしょうか?
  • リスペリドンは陰性症状に本当に効果があるのでしょうか?どんな状態に用いたらいいのですか?
  • リスペリドンは副作用が少ないと言われていますが本当でしょうか?リスペリドンで気をつけなければならない副作用は何でしょうか?
  • リスペリドンのデポ剤は開発されているのでしょうか?
  • リスペリドンは分裂病の外来維持に本当に使えるのでしょうか?
  • リスペリドンの投与回数は1日2回とされていますが、1回でもいいのですか?
  • リスペリドンに切り替えた方がよい場合、切り替えない方がよい場合について教えて下さい。
  • 今までの薬からリスペリドンに切り替えるときのテクニックを教えて下さい
  • リスペリドンは分裂病以外にも使えますか?
  • スルピリドは抗D2作用が選択的に強い割に錐体外路系の副作用が少ないのはなぜでしょうか?スルピリドの作用機序について教えて下さい。〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神分裂病の薬物療法 100のQ&A
著作者等 藤井 康男
書名ヨミ セイシンブンレツビョウノヤクブツリョウホウ100ノQアンドA
出版元 星和書店
刊行年月 2000.3.15
ページ数 334p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 479116010X
ISSN 02880512
NCID BA46999995
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想