労働省編職業分類の改訂に関する研究

日本労働研究機構研究所【編】

平成11年7月28日、中央職業安定審議会において労働省編職業分類の改訂案が報告され、了承された。今回の改訂は、昭和28年に同職業分類が編成されて以降、昭和40年、昭和61年に次いで3回目の改訂になる。今回の改訂にあたっては、従来の経緯を踏まえて、分類体系の枠組みを日本標準職業分類の体系に依拠するとともに、前回改訂以降の職業構造の変化を分類表上に採り入れるために細分類体系の全面的な見直しを行った。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 職業分類体系と労働省編職業分類(職業分類体系の相互関係と改訂課題
  • 日本標準職業分類の改訂過程と改訂結果
  • 労働省編職業分類の改訂過程と改訂結果 ほか)
  • 第2部 新旧対照表及び新分類表(分類項目新旧対照表
  • 新職業分類表)
  • 第3部 資料(大・中・小分類レベルにおける分類項目変更一覧表
  • 労働省編職業分類と日本標準職業分類の分類項目対照表
  • 職務記述票及び記入の手引 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 労働省編職業分類の改訂に関する研究
著作者等 日本労働研究機構
日本労働研究機構研究所
書名ヨミ ロウドウショウヘンショクギョウブンルイノカイテイニカンスルケンキュウ
シリーズ名 調査研究報告書 No.130
出版元 日本労働協会
日本労働研究機構
刊行年月 2000.2.15
ページ数 496p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4538891304
NCID BA45939422
BA45262375
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想