経験経済 : エクスペリエンス・エコノミー

パイン B.J.2<Pine B.Joseph.2>;ギルモア J.H.【著】<Gilmore James H.>;電通「経験経済」研究会【訳】

単に商品を売らんがためのコモディティ的手段は、結局は顧客離れを招くことになる。では、顧客は本当は何を求めているのか。何を評価するのか。何に価値を置くのか。-それは、メモラブルで、感動的な「経験」に対してである。経済システムを変革し、新たな成長と雇用の拡大を図るファクターは、「経験」という価値の創出にある。単なる商品やサービスの提供ではない、経験的価値の提供とは何か…。今、深く静かに進行している「経験経済(エクスペリエンス・エコノミー)」を解き明かす啓発の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 舞台への招待状-エクスペリエンス・エコノミー、新しい経済パラダイムが出現する!
  • 第2章 まずは舞台セッティング!-提供される「エクスペリエンス」という価値
  • 第3章 いよいよ開幕-経験ビジネスが動き出した!
  • 第4章 最高の演技を組み合わせる-経験価値を演出するために
  • 第5章 観客は我慢しない-まずはマス・カスタマイズから
  • 第6章 ビジネスは劇だ!-演劇が経験ビジネスのモデルになる
  • 第7章 演技には四つの型がある-経験ビジネスの現場への適用
  • 第8章 それぞれの「配役」を演じる-組織における経験価値の創造
  • 第9章 今や人、商品、企業を変身させることがビジネスとなる-経験ビジネスを越えて
  • 第10章 演じることの意味と意義-より望ましい未来に向けて!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経験経済 : エクスペリエンス・エコノミー
著作者等 Gilmore, James H
Pine, B. Joseph
Pine B.Joseph.2
ギルモア J.H.
電通「経験経済」研究会
パイン B.J.2
書名ヨミ ケイケンケイザイ : エクスペリエンスエコノミー
出版元 流通科学大学出版
刊行年月 2000.2.26
ページ数 317p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4947746025
NCID BA45877198
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想