昭和30年代近畿・三重のローカル私鉄をたずねて : 丹波の煙伊勢の径  上

湯口 徹【著】

この「私鉄紀行」シリーズも、最初の東北編「奥の細道」刊行以来15年という長丁場=要は思い出した頃にダラダラ=でやっと近畿地方に到達することができた。75%以上が筆者にとっても初プリントの印画を整理していて、京都に住みながら江若鉄道以外はあまり足を運んでいなかったことを今ごろになって痛感する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 江若鉄道
  • 御坊臨港鉄道→紀州鉄道
  • 北丹鉄道
  • 有田鉄道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昭和30年代近畿・三重のローカル私鉄をたずねて : 丹波の煙伊勢の径
著作者等 湯口 徹
書名ヨミ ショウワサンジュウネンダイキンキミエノローカルシテツヲタズネテ : タンバノケムリイセノミチ : ジョウ
シリーズ名 私鉄紀行 39
レイル 39
巻冊次
出版元 プレス・アイゼンバーン
刊行年月 2000.2.21
ページ数 122p
大きさ 30cm(A4)
ISBN 4871121895
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想