経済分析 : 規制改革による経済効果分析のための応用一般均衡モデルの開発  第159号

経済企画庁経済研究所【編】

[目次]

  • ORANI‐G型日本モデルの開発について(これまでの構造分析ユニットにおける応用一般均衡モデル研究の成果
  • なぜ、新たに一般均衡モデルを開発するか)
  • 我が国における規制改革(公的規制に関する理論
  • 我が国における規制改革の状況
  • 先行研究による規制改革の効果測定)
  • ORANI‐G型日本モデルについて(データベース
  • モデルの構造
  • モデルのクロージャー)
  • モデルによるシミュレーション(供給サイドの変化)(はじめに
  • 規制改革と企業行動の変化
  • モデルによるシミュレーション)
  • シミュレーション(消費行動の変化(はじめに
  • 消費行動の変化をどのようにとらえるか
  • 弾性値等の変化による影響
  • 需要集中の効果)
  • 雇用の分析(はじめに
  • 総雇用量が内生の場合
  • 労働移動の流動性の比較)
  • ORANI-Gモデルの変数名一覧
  • 日本モデルにおける弾性値について
  • 経済分析政策の視点シリーズ用のワークショップにおけるコメント
  • 国際ワークショップにおけるコメント

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済分析 : 規制改革による経済効果分析のための応用一般均衡モデルの開発
著作者等 経済企画庁経済研究所
書名ヨミ ケイザイブンセキ : キセイカイカクニヨルケイザイコウカブンセキノタメノオウヨウイッパンキンコウモデルノカイハツ : 159
巻冊次 第159号
出版元 大蔵省印刷局
刊行年月 2000.1.31
ページ数 135p
大きさ 30cm(A4)
ISBN 4171809592
NCID BA54195712
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想