サウンド・アート : 音というメディア

畠中実, 野崎武夫編集 ; 逸見陽子, J.キース・ヴィンセント訳

本書は、いわば「音」というメディアを駆使する9人と2組の作家たちによる新作11作品を、ICCギャラリーの展示空間だけではなく、無響室や展示室外の空間を利用して展示し、「音」にまつわるさまざまな局面を提示する試みです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 図版(マックス・イーストレイ&デヴィッド・トゥープ
  • カール・ミカエル・フォン・ハウスウォルフ&ピーター・ハグダル
  • クリストフ・シャルル
  • カールステン・ニコライ
  • マーク・ベーレンス
  • 池田亮司 ほか)
  • テキスト&資料(「音というメディア」(畠中実)
  • 「沈黙とは耳をふさいでしまうこと」(ロブ・ヤング))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サウンド・アート : 音というメディア
著作者等 NTTインターコミュニケーションセンター
Vincent, Keith
畠中 実
逸見 陽子
野崎 武夫
書名ヨミ サウンドアート : オトトイウメディア
出版元 NTT出版
エヌ・ティ・ティ出版
刊行年月 2000.1.28
ページ数 79p
大きさ 20×20cm
付随資料 CD1枚
ISBN 4757170092
NCID BA46026480
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想