Annual Review呼吸器  2000

工藤 翔二;土屋 了介;金沢 実;大田 健【編】

生物学や病因と病態の理解が臨床に役立つと同様に、臨床からの資料や情報の提供は基礎研究にとって欠かせない。本書は、現在の情報過多の時代ともいえる状況の中で、現在進行中の研究や、異なる意見のある研究課題について関連する論文や学会発表を概観および分析し、問題点を明らかにしたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 呼吸器系の生物学(炎症細胞とサイトカイン、ケモカイン
  • 脂質メディエーターと細胞応答 ほか)
  • 2 疾患の病因と病態(気道炎症と気道過敏性
  • アスピリン喘息をめぐる最近の進歩 ほか)
  • 3 診断の進歩(呼吸器疾患における運動能力の臨床的評価法
  • びまん性肺疾患におけるHRCT診断 ほか)
  • 4 治療の進歩(慢性咳嗽
  • ピークフローメーターによる気管支喘息のゾーン管理 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 Annual Review呼吸器
著作者等 太田 保世
工藤 翔二
永井 厚志
大田 健
金沢 実
土屋 了介
書名ヨミ ANNUAL REVIEWコキュウキ : 2000
巻冊次 2000
出版元 中外医学社
刊行年月 2000.1.20
ページ数 275p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4498031229
NCID BN0298410X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想