Annual Review循環器  2000

杉下 靖郎;門間 和夫;矢崎 義雄;高本 真一【編】

本書は、急激にそして広い領域で進展している循環器疾患の病態生理に関する知識および画像診断を中心とする診断法の最新情報を、体系的にとらえて理解し、実際の診療に反映させるため、情報の奔流の中にあって、実際の治療に活用できる知識ばかりでなく、疾患の背景にある病態の理解をすすめ、個々の患者に最も適した治療法を選択するための基盤となる最新情報を体系的に、わかりやすく解説している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 循環器の生物学(心血管系の発生と分化
  • 内臓錯位症候群の遺伝子 ほか)
  • 2 疾患の病因と病態(神経調節性失神
  • 不整脈と自律神経機能 ほか)
  • 3 診断の進歩(左室拡張機能
  • 3次元画像診断法-新しい展開 ほか)
  • 4 治療の進歩-内科、小児科(心不全のβ遮断薬療法-最近の動向
  • 冠動脈疾患High Risk症例の治療 ほか)
  • 5 心臓血管外科(Ross手術
  • 小児心疾患のminimally invasive surgery ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 Annual Review循環器
著作者等 小室 一成
山口 徹
杉下 靖郎
杉本 恒明
矢崎 義雄
高本 真一
門間 和夫
書名ヨミ ANNUAL REVIEWジュンカンキ : 2000
巻冊次 2000
出版元 中外医学社
刊行年月 2000.1.20
ページ数 272p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4498034627
NCID BN02772815
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想