社外取締役の展望

商事法務研究会【編】

本書は、17人の経営者に対談形式で見解を聞いた連載記事を一冊にまとめたものである。末尾の「我が国の社外取締役論の系譜」では、昭和50年に法務省から提起された「会社法改正に関する問題点」で社外重役の導入の可否が論じられて以来、今日までの議論の変遷をとりまとめた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 座談会・社外取締役に関する概観
  • 社外取締役導入の条件整備が先決
  • 社外取締役の効用
  • 経営者の自己規律のために
  • 執行役員制を語る
  • 「経営のプロ」たる役員の条件
  • 経営における緊張関係の必要性
  • 社外取締役導入の難しさ
  • 変わらざる経営理念
  • 貴重な社外取締役の経験値〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社外取締役の展望
著作者等 商事法務研究会
書名ヨミ シャガイトリシマリヤクノテンボウ
出版元 商事法務研究会
刊行年月 2000.1.20
ページ数 188p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4785750596
ISSN 13425099
NCID BA45137781
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想