Annual Review血液  2000

高久 史磨;溝口 秀昭;小宮山 淳;坂田 洋一;金倉 譲【編】

2000年版では癌抑制遺伝子ARFと白血病、生下時の小児白血病、サルを用いた遺伝子治療モデル、TTPの病態など従来の版と同様に新しいテーマが数多く紹介されており、Annual Review血液学は21世紀を迎えようとしているわが国の血液学の研究者の実力を示している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 造血幹細胞(造血発生と血管新生
  • 造血幹細胞からのリンパ球分化 ほか)
  • 2 赤血球系(赤血球産生と転写因子
  • Diamond‐Blackfan症候群の遺伝子異常 ほか)
  • 3 白血球系(癌抑制遺伝子ARFと白血病
  • 小児白血病は生下時に存在する ほか)
  • 4 リンパ球系(BtkとB細胞分化
  • X連鎖リンパ増殖性症候群(Duncan病)とSLAM/SAP ほか)
  • 5 血小板(リゾリン脂質と血小板
  • 骨髄移植後の血栓性細血管障害:成因と治療の最近の進歩 ほか)
  • 6 凝固(血栓症と遺伝子多型
  • 可溶性フィブリンモノマーと血栓準備状態 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 Annual Review血液
著作者等 高久 史麿
坂田 洋一
小宮山 淳
溝口 秀昭
金倉 譲
高久 史磨
書名ヨミ ANNUAL REVIEWケツエキ : 2000
巻冊次 2000
出版元 中外医学社
刊行年月 2000.1.20
ページ数 270p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4498125207
NCID BN01997445
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想