世界化学史

中瀬古六郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 日本化學史 / 1
  • 日本人種の起原 / 1
  • 日本數學史 / 4
  • 日本人の食物 / 9
  • 日本古代の化學、藥學、本草學 / 15
  • 平安朝以後の化學 / 28
  • 德川以前の化學理論及硏究法 / 32
  • 歐洲學術と我國との交涉 / 36
  • 德川時代の本草學 / 38
  • 日本古代の鑛業 / 43
  • 日本古代の陶器 / 54
  • 古代日本人の衣服 / 62
  • 化學工藝品 / 66
  • 西洋化學の傳來 / 68
  • 我國の近代化學 / 81
  • 明治初年の化學敎育 / 97
  • 化學應用の〓工藝 / 104
  • 支那化學史 / 107
  • 太古學藝發達の槪觀 / 107
  • 上代支那の外國交通 / 118
  • 支那醫化學及本草學の起原 / 122
  • 唐の本草學 / 135
  • 宋代の本草學 / 140
  • 元代の本草學 / 142
  • 明代の本草學 / 143
  • 明末輸入の西洋學術 / 146
  • 淸代の本草學 / 147
  • 支那に於ける火藥及火砲の發達 / 148
  • 上代支那の藥品考 / 150
  • 印度化學史 / 159
  • 印度の〓人種 / 159
  • 印度の醫學及藥學 / 165
  • 東西〓外國との交涉 / 175
  • アラビア數字 / 179
  • 印度王朝の變遷 / 180
  • 寳石及冶金 / 182
  • 岩窟寺院 / 183
  • バビロン、スーメリアの化學史 / 185
  • バビロン、カルデイア、スーメリア人 / 185
  • アツシリア國 / 192
  • ヒツタイト國 / 195
  • フイニシア國 / 197
  • ミノア及ミケネ國 / 197
  • 原始人及石器時代人 / 198
  • 埃及化學史 / 203
  • 古代の埃及 / 203
  • 希臘、羅馬化學史 / 223
  • 希臘時代 / 223
  • シリア及亞剌比亞の化學 / 239
  • ジエーベル / 240
  • 歐洲中世の化學 / 247
  • ロージヤー・ベーコン / 247
  • 近代化學史 / 259
  • 純正化學獨立の曉鐘 / 259
  • 火素論時代 / 265
  • 定量化學の起原 / 270
  • 原子說 / 276
  • 電氣化學說 / 283
  • 第十九世紀初半の化學史 / 291
  • 第十九世紀發端の化學槪況 / 291
  • 第十九世紀初頭の有機化學 / 295
  • 分子の構造 / 311
  • タイブ說の進化とヴアレンシー / 314
  • 親和價論の起原 / 321
  • 有機構〓論 / 332
  • 第十九世紀後半の化學史 / 337
  • 原子量とは何ぞや / 337
  • 物理化學史 / 361
  • 物理化學の進步 / 361
  • 瓦斯體の化學 / 363
  • 電氣學の起原 / 372
  • 電解電離 / 408
  • 結晶體の構造 / 422
  • 生理化學史 / 427
  • 生理化學の定義 / 427
  • 農藝化學の發達及植物生理學 / 437
  • 疾病の接種療法 / 446
  • ヴイタミンの硏究 / 454
  • 營養學發達年表 / 465
  • 第十九世紀末及第二十世紀初頭の化學〓大家 / 477
  • 微量物質の化學 / 547
  • 緖說 / 547
  • 微量物質の効用 / 553
  • 微量物質の分離及採取 / 557
  • 微量物質の鑑識 / 558
  • 微量物質の分析各論 / 561
  • 微量分析化學の發達 / 563

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 世界化学史
著作者等 中瀬古 六郎
書名ヨミ セカイ カガクシ
書名別名 Sekai kagakushi
出版元 カニヤ書房
刊行年月 大正13
ページ数 571, 16, 8p 肖像
大きさ 22cm
全国書誌番号
43002427
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想