硝子の迷宮

いとう由貴 著

弁護士の慎也は交通事故が原因で失明し、弟の直樹に世話をされていた。そんなある日、慎也は自慰をしている姿を直樹に見られてしまう。それ以来直樹は「世話」と称し、淫らな行為をしかけてくるようになった。羞恥と屈辱を覚えつつも、身体は反応してしまう慎也。次第に直樹から向けられる想いが、兄弟以上の感情であることに気づきはじめた慎也は弟の執着から逃れようとするが、直樹はそれを許さず-。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 硝子の迷宮
著作者等 いとう 由貴
書名ヨミ ガラス ノ メイキュウ
書名別名 Garasu no meikyu
シリーズ名 リンクスロマンス
出版元 幻冬舎
幻冬舎コミックス
刊行年月 2012.9
ページ数 255p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-344-82613-7
全国書誌番号
22133877
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
二人だけの迷宮 いとう 由貴
硝子の迷宮 いとう 由貴
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想