消費者行動の多国間分析 : 原産国イメージとブランド戦略

朴正洙 著

[目次]

  • 多国間消費者行動研究の必要性
  • 第1部 認知的原産国イメージ(認知的原産国イメージ効果研究
  • 原産国イメージ効果の新展開-ブランドを中心とした原産国イメージ効果)
  • 第2部 規範的原産国イメージ(消費者エスノセントリズム研究の理論
  • 消費者エスノセントリズムの比較分析-アメリカ・中国・韓国・台湾)
  • 第3部 感情的原産国イメージ(敵対心研究の影響と課題
  • パラドックス連想におけるコミュニケーション戦略)
  • 第4部 原産国イメージに基づいたブランド戦略(ブランド・レバレッジ戦略)
  • 本書の意義と今後の研究課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 消費者行動の多国間分析 : 原産国イメージとブランド戦略
著作者等 朴 正洙
書名ヨミ ショウヒシャ コウドウ ノ タコクカン ブンセキ : ゲンサンコク イメージ ト ブランド センリャク
出版元 千倉書房
刊行年月 2012.9
ページ数 253p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8051-1002-7
NCID BB10422166
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22132902
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想