誰にも分る震災善後法律問題百般の解説

大高三千助, 小野寺昌雄 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 火災保險問題
  • 保險金は取れる / 1p
  • 第二章 借地に關した問題
  • 借地權は消滅せぬ / 8p
  • 地主に土地を賣られても借地權のある様に / 10p
  • 地主が板園したら / 11
  • 燒跡の取片付問題 / 12
  • 地代の値上には應するな / 14
  • 燒跡境界の爭 / 14
  • 第三章 借家に關する問題
  • 借家權は消滅する乎 / 16
  • 敷金は取れる / 16
  • 借家人のバラツク建築 / 18
  • 燒跡に家主が建た家に優先權 / 19
  • 半燒半潰の家屋 / 20
  • 問題の調停法とは / 20
  • 第四章 地震の爲他人より受けた損害
  • 隣りの石垣が自分の家を壞したときは / 25
  • 借家人が借家に應急の手入をしたら / 26
  • 第五章 死亡〓、行衛不明〓に絡む問題
  • 相續人の問題 / 27
  • 行衛不明の〓が出來た塲合 / 29
  • 財產管理の必要 / 30
  • 第六章 戶藉と自分の證明
  • 再屈出を怠るな / 32
  • 第七章 燒失した証書や印鑑の問題
  • 公正證書 / 35
  • 供託證書 / 36
  • 燒失した色色の私權證書 / 37
  • 失くした印鑑 / 43
  • 第八章 燒失郵便貯金と郵便爲替
  • 第九章 手形の保存
  • 拒絕證書を作る事を忘るな及償還の請求の事 / 47
  • 第十章 不動產の回復登記
  • 回復の申請をせよ / 49
  • 第十一章 寄託物に關する問題
  • 倉庫品や運送品に絡む問題 / 51
  • 燒けた質物 / 53
  • 第十二章 震災前より繫爭中の訴訟
  • 訴訟書類の燒失 / 54
  • 燒失家屋に絡む明渡訴訟の運命 / 55
  • 移轉料を取つて立退かぬ間に焼けたら / 56
  • 土地收用中の家屋移轉料 / 56
  • 第十三章 震災と稅金
  • 所得稅、營業稅、相續稅は〓除、减額、猶豫 / 58
  • 第十四章 都市計畵と市街地建築物に關する問題
  • 土地收用 / 59
  • 地域の指定 / 61
  • 地區の指定 / 67
  • 第十五章 震災後公布重要法令及重要關係規則
  • 支拂延期令 / 71
  • 暴利取締令 / 73
  • 治安維持令 / 73
  • 租稅减〓施行勅令 / 74
  • 臨時郵便貯金及郵便爲替申吿に關する勅令 / 81
  • 借地法 / 83
  • 借家法 / 88
  • 借地借家調停法 / 91

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 誰にも分る震災善後法律問題百般の解説
著作者等 大高 三千助
小野寺 昌雄
書名ヨミ ダレニモ ワカル シンサイ ゼンゴ ホウリツ モンダイ ヒャッパン ノ カイセツ
書名別名 Darenimo wakaru shinsai zengo horitsu mondai hyappan no kaisetsu
出版元 正義社研究会
刊行年月 大正12
ページ数 97p
大きさ 19cm
全国書誌番号
43003064
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想